飼育者不明の動物を保護した時

①ご自身で飼育出来ますか?

ご自身で飼育出来ない場合は、お知り合いの動物を飼育されている方などへご相談の上、飼育が出来ると判断した時に保護して下さい。

 

②保護をされたら最寄りの動物病院にて診察を受けて下さい

□触診検査

□血液抗体検査

□便検査

□ノミダニ予防

□ワクチン注射

□獣医師の判断に従って下さい

 

③終生飼育が困難で保護を求める場合

保護をして一時的に飼育は出来るが、終生飼育が出来ない等の飼育困難を理由として私共に保護を求める際には、次の条件が発生します

□お知り合いにご相談をされた経緯と連絡先を所定の用紙にご記入頂きます

□私共が飼育困難動物を保護する場合は、交通費と施設維持協力寄付金のご負担をお願い致します。

 

④私共にて保護出来ます動物の条件

□猫(授乳期の猫は保護出来ません)

□犬(授乳期の犬は保護できません)

□体高45cm以内

□健康状態が獣医師に依り確認出来ている

□各種予防が済んでいる

 ・駆虫剤投与

 ・ノミダニ予防

 ・フィラリア予防

□成猫及び成犬の場合は避妊去勢手術を受けている

□他

※詳細につきましては、お電話でお問合せ下さい

 

※保護動物の状態及び保護施設の収容状況に依り、保護出来ない場合が有ります

 

【連絡先】

あぃまっぷ

NPO法人茨城県水戸市動物愛護

電話029ー231-0155

※月曜日、火曜日は、お休みです。

 

※茨城県動物指導センターで受け入れて頂く事の出来る所有者不明の猫は、怪我をしている 若しくは 出生直後で目が見えない等の自立して生活出来ない猫に限られています。

茨城県動物指導センター電話番号:029-672-1200(午前9時~午後5時)

土曜日日曜日祝日はお休みです。